読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は電話占い師…視えてます

現役の電話占い師が真実の相談内容を公開し告白する禁断のブログ

肉親である姉に裏切られ続けた半生 その3

『お姉さんは、子どもの頃からまみさんを妬んでいたと言っています

なぜなら、あなたが生まれる6歳まではひとりっ子だったので

自分の天下だった

そこへあなたという可愛らしい赤ちゃんが登場したので

お母さんの愛が自分へと向かなくなった、と言っています』

前世の因縁

「そんなことはありません、私の母は活発な姉のことをいつも自慢してましたよ」

 

『それはあなたが物心ついてからですよね…お姉さんの妬みはあなたが記憶のない頃

に、彼女の中に根付いてしまったのです

あなたという可愛い赤ちゃんに、母の愛を奪われたと思いこんでしまったのです

だから、あなたのご主人を寝取ってあなたに仕返しをした、と言っていらっしゃいます』

 

「そんな…では私はどうしたらいいのですか?」

 

『ご安心ください、まずご主人が愛してるのは、間違いなくまみさんだけです

お子さんが生まれた直後、あなたの愛が自分の息子にとられてしまったようで少しさみしかったときに、お姉さんが巧みに誘ってきたようですね

ご主人の愛は、あなたにしかありません

そしてお姉さんの思い込みによる仕返しは、不毛なむなしい結果に終わってる…

と視えています

つまりあなたのご主人が、あなたに気づかれてしまった罪悪感から

我にかえって、多分お姉さんに、このカンケーへの決別をしたということでしょう』

 

「じゃぁ私はどうすれば…」

 

『あなたが見たものは、夢だと思って水に流してあげてください

ご主人が、きちんとお姉さんに決別を言い渡しているはずです

これ以上、物事を複雑にせず、ご主人をちょっと信じてあげていただけませんか?

そしてお姉さんへは、あなたがきちんと距離をおきましょう

しばらく近寄っては来ないと思いますが、時間を経て何事もなく近寄ってくるようであれば、まみさんが毅然とした態度で伝えましょう

私の断りなく勝手に家に来ないでほしい!と…

姉妹でも、ちゃんと礼儀はわきまえて欲しいと…するとお姉さんのまみさんに対する

今までなめていた態度も変わるはずですよ』

 

「私も今まで、ひっこみじあんの性格のせいで

なめられていたところがいろいろあると思い当たります

自分のせいでもあるんですね…生き方を考えるいいきっかけにもなりました」

 

とお電話を切られました

 

兄弟・姉妹ほど相手を妬みの対象となる、もっとも根源ではないでしょうか?

「相手が存在するだけで、自分の愛の取り分を少なくされてしまった」

という感情に思い当たる方は多いはずです

しかし、愛というものは百とも千と数えられるものではなく

無限なのです

取った、取られたという感覚が、もともとナンセンスなのです

そして前世の因縁というのも、なかなか手ごわい要素です

あなたも、なんだかわからない衝動にかられることがあったら

それは前世の因縁によるものかもしれませんね

 

かしこ

 

 

★電話占い師が推奨する占いサイト3選★