読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は電話占い師…視えてます

現役の電話占い師が真実の相談内容を公開し告白する禁断のブログ

身も心も彼に捧げてきた人生②

身も心も彼に捧げてきた人生② 

『まさにお殿様と、大奥の取締役のような関係ですね
あなたは十分彼に尽くしました

彼も、その前世をうすうす感じていて、はるみさんにならわがままな自分でいてもよい
家庭を持とうが、機嫌が悪かろうが、絶対にあなたは裏切らないと思っているから
そういう態度を取るのでしょう

そして、少し考えてみてください
彼の機嫌のいい時は、仕事がうまくいっている時
機嫌の悪い時は、仕事がうまくいてないときではありませんか?』

 

「まさにその通りで、今、彼の研究が暗礁にのりあげていて
苦しい状態なんです
そんな時、私に意味もなく罵倒したり、無視したりするのです」

自己犠牲をやめる

『彼は生まれながらのお殿様なんですね
お殿様は、ただわがまま勝手なわけではありません
政治をするのがお殿様の仕事、それをちゃんと彼は分かっていて
彼の真髄は、仕事をする責任感であふれているのです
決して、恋愛が二の次と言っているわけではないですが
彼はそれを犠牲にしてでも、仕事をしなければならないという
プレッシャーを生まれながらにして持っている人だということです』

「だから彼が不安定なのも、仕事で左右されてるのですね
つまり私は、今世でも彼を支え続ける運命なんですね」

『いいえ、それは違います
あなたはもう、彼に十分尽くしましたよ
今世のはるみさんの課題は”自己犠牲をやめること”』です

「それは彼との関係をやめるということですか?」

『それもちがいます
つまり、やめてもいいけどやめなくてもいい…
はるみさんがはるみさんらしく、恋愛を楽しんだらいい
そして仕事も楽しんだらいい、彼のサポートも生きがいならば、それを楽しんでやる
という、心持ちで生きるということです

彼のご機嫌は、彼の仕事、つまり人生の課題であり
はるみさんはそれにふりまわされる必要がないということに気づくことです』

「なんだか心が少し穏やかになってきました」

『最後にひとつ
あなたは心から彼を尊敬していますよね?』

「はい」

『それなら大丈夫…
明日からの、彼への接し方も変わってくるはずです
そうすれば、彼のあなたへの接し方も、必ずや変わってくるはずですよ』

 

 

★電話占い師が推奨する占いサイト3選★